オランダが物流の国である理由

圧倒的な物流網

車で30分程の距離に、世界有数の空港と港があるのは、オランダだけ。

ロッテルダム港: ヨーロッパ最大の港湾。近くには物流倉庫等、多数。

アムステルダム空港: 日本からは東京、大阪から直行便あり。ヨーロッパのHub空港の一つ。

 

 

オランダから日帰り出張の範囲に、主要都市が存在。

金融の中心であるロンドン、芸術やファッションの中心であるパリ、工業の中心であるミュンヘンには、飛行機で1時間。

EU本部のあるブリュッセルへは、車で2時間程。

この日帰り圏内に、オランダ、イギリス、ドイツ、フランス、ベルギーの2億3千万人のマーケットが存在。

因みに、オランダから3時間強のフライトで、モスクワへ。

 

数多くの法律、税制メリット。

日本人の労働ビザの免除、輸入VATの第23条項や、日蘭社会保障協定、駐在員への30%ルール、法人税等、多くのメリットがある。

クラウド会計による、VAT return等、制度も発達している。

 

政治、経済、教育、それぞれの水準が非常に高い。

ほとんどのオランダ人は英語を話し、それに加えて、フランス語やドイツ語を話す人も多い。

また、EUトップレベルの労働生産性を誇る。

さらには、他のヨーロッパ諸国と異なり、ストライキが少ないことも大きな特徴。民族や宗教間の問題が少ないことでも有名。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA